RSS|archives|admin

今年もできました!

2017.05.10 Wed
今年もできました!

もう少しきれいに工夫して美味しそうに写真を撮ればよかったのですが、今年の我が家のお味噌ができました!
去年の春にしこんで、お盆に天地返しをしてさらに半年ねかし、このGWにやっと味わうことができました。

義母の知り合いのお米屋さん自家製の大豆を、村の加工所で村のおばちゃんちゃん達にしこんでもらうまではやってもらうので、”半”手前味噌ですが、我が家に運ばれてからは一斗樽に空気が入らないようにしこんで、一年ねかせて作ります。
これで約一年、スーパーで味噌を買わずに済みます。
我が家の味噌は、そのお米屋さんの好みで麹が多めで少し甘めであまりしょっぱくない味噌です。スーパーで買う味噌も美味しいけど、自家製味噌はなぜだか味が優しくて好きです(* ´ ▽ ` *)。

義母も知り合いのお米屋さんもだいぶ年をとってきたので、加工をいつまでお願いできるか少々不安になってきています。近い将来、大豆をゆでるとことからやらなければならない日がやってきそうですが、楽しみのような・・・面倒でやれるかどうか・・・。
とりあえずこの一年は、毎朝美味しいおみそ汁をいただけることに感謝です。


スポンサーサイト
Category: | Comment(2) | Trackback(-) | top↑ |

秋ですね

2016.10.10 Mon
秋ですね

先週、畑の奥にある柿の木2本、もうすでに熟れ過ぎのもの、雨が多かったせいで実が割れてしまったものをよけながら収穫をしました。甘柿は小さいけれど子供達の夕飯後のデザートに、渋柿は冬に備えて干し柿にしました。その日私は仕事だったので、主人が枝を残して収穫してくれ、おばあちゃんが皮をむいてくれました。私は焼酎をふきかけただけ(笑)。

こうして干された柿をみると、今年は夏が突然終わり今秋は朝晩の冷え込みが例年より早いっε=ε=(゚Д゚)ノ気がする・・・。「冬の備え」をと急に追われる感がでてきました。

紫蘇の実は漬けたぞ!
紅玉は購入済みだから今日か明日煮よう!(毎年大量の紅玉を煮て冷凍保存して、いつでもアップルパイを焼けるようにするのが我が家の秋の家仕事です。家族皆が大好き。)
友達に教わったはりはり漬けもそろそろ第一弾を作りたい!
大根、白菜は植えたぞ!
玉葱植えなくちゃ!
野沢菜漬けは今年はどうしようか・・・
甘酒も作って、温かい飲み物に良い季節にです♡!
年末年始にむけてやらなければいけないことが沢山あるなぁ(泣)。

のんびりしてるとあっという間に冬がやって来る信州、大変だけど少し温かい気持ちになる秋の家仕事ですが、楽しんでできれば良いけれど、今年は余裕なく追われそうな予感です(^^;)。




Category: | Comment(2) | Trackback(-) | top↑ |

並んだ並んだ

2016.06.13 Mon
並んだ並んだ

6月は初夏の漬け物で大忙し。
らっきょう漬けに新生姜の甘酢漬、梅のいろいろ。
梅シロップは夏の間のおやつに、梅ジュースやゼリーに大活躍♪。
それからこの辺りだけでしょうか?梅干しより、青梅を赤紫蘇で甘く漬けるのが一般的で、小さな頃から梅といえばカリカリとした赤い甘漬けを食べてきました。子供たちが大好きで、去年は早々となくなってしまったので、今年は大梅も小梅も沢山漬けました。

この後は、毎年ご近所から熟した梅をいただくので、梅白干しにしようかな・・・、友達にもらった山椒の実も佃煮に・・・。昨日は筍を沢山もらったので(今年は三度目!)、一晩米のとぎ汁で灰汁抜きして、筍ご飯、土佐煮、メンマ・・・などなど(^。^;)。
ずぼらな私には面倒くさいし大変だけど、自分で手間暇かけたものは売られているものとは違った優しい味になってやっぱり美味しいので、この歳になって少し自分で作る楽しみがでてきました。これからも無理のない範囲で、食の家仕事のレパートリーが増えるといいなと思います。

それにしても、らっきょう漬ひとつにしても、漬け方は人それぞれ色々あってビックリです。自分のベストをみつけるのは、やっぱりおばあちゃんになってからなのかなぁ・・・。




Category: | Comment(4) | Trackback(-) | top↑ |

だし

2016.04.19 Tue
だし

毎朝のお味噌汁のだし、長年かつおだしだったのを昆布と干し椎茸のだしに変えてみました。
なかなか踏み切れなかったのに思い切って変えてみたら、冷蔵庫に一時間~半日水につけておくだけと簡単でかえって楽で驚いてます。味も最初は物足りないのを覚悟していましたが、前の晩につけておくせいか、しっかりだしがでていてとても美味しいです。
昆布はより陽性なので下に沈み、椎茸はより陰性なので上に浮きます。あわせて中庸ということ、植物性だしで体によいことを期待して・・・。

こんな小さなことですが、自分ではとても嬉しく感じています(^^)V。かなりゆっくりなペースですが、少しずつ自分の理想に近づいていけたらなぁと思います。


小さなことを、もう一つ。最近ハムやウインナーのような加工肉の懸念がメディアでとりあげられるようになりました。我が家では料理の彩りや味だしにはかかせないものでしたが、いくらかでも使う回数が少なくなるよう、鶏ささみ肉を茹でて裂いたものを冷凍してストックしておいて、代わりに使うよう心がけるようになりました。
次は調味料の見直しをしたいと考えています♪。

熊本地震から約一週間、悲惨な状況が連日報道されています。被災者の方々が一日でも早く日常を取り戻せることを祈りながら、小さなことでも自分ができることをしなければならないと感じます。



Category: | Comment(2) | Trackback(-) | top↑ |

お彼岸は必ず

2016.03.21 Mon
お彼岸は必ず1

昨日は春のお彼岸。我が家はお彼岸には必ず、お墓参りをして、子供たちはお婆ちゃんにおはぎをリクエスト。
特に娘はおはぎを食べるだけではなく、作るのも楽しみの一つ。お彼岸中の主人が休みの日を選んで、皆総出でおはぎを作ります。私だけはその間にてんぷらを揚げます。
お婆ちゃんが丸めた熱々の餅米に、子供たちはきな粉やすり胡麻をまぶします。あんこは難しいので大人が担当。息子はほぼ砂遊び状態(^^;)。子供たちが作ったおはぎは不格好で見栄えは良くないけど、そこは全く問題なし!。

お彼岸は必ず2

ひとしきりおはぎ作りを楽しんだ後、お仏壇のご先祖さまにお供えしてから、やっと食卓につきます。
ところで、上の写真の天ぷらの一番手前に並んでいるのは、天ぷらまんじゅう。ザ・あんこの入ったおまんじゅうのてんぷら。
これは私の住む町近辺だけの風習らしく、この辺りの土地の人以外には驚かれることもあると聞きました。でも、美味しいんですよ。お彼岸の時期には、スーパーの店頭で普通にそれ用のおまんじゅうやできあいの揚げたものが売られています。

嫁いでから、四季折々昔ながらの習慣や食文化を大切にする義母に、最初は正直少し面倒臭いと思う時期もありましたが、子供たちが産まれてからは、大切に伝えたいことだと思うようになりました。
今は餅米のおしかけも、あんこを煮るのもお婆ちゃん任せですが、いつか自分がやらなければならない日が来るでしょう。でも、まだまだお婆ちゃんが元気なうちは、孫にたっぷり思い出を残してほしいです。




Category: | Comment(2) | Trackback(-) | top↑ |